599円 4pcs 通用型車載用収納カーシートヘッドレストフックSENHAI 2 in 1 バックシートのフロントシートの車のハンガー 荷物掛け車用収納フック 2 Pcs PP吊り袋、財布、布、食料雑貨品のための強力なオーガナイザーフック - ブラック 車&バイク カーアクセサリ 収納・ホルダー ポケット・ケース・カバー 4pcs 通用型車載用収納カーシートヘッドレストフックSENHAI 2 in 1 バックシートのフロントシートの車のハンガー 荷物掛け車用収納フック PP吊り袋 Pcs 食料雑貨品のための強力なオーガナイザーフック 財布 ブラック 【WEB限定】 布 - バックシートのフロントシートの車のハンガー,2,bonboncek.com,荷物掛け車用収納フック,2,4pcs,PP吊り袋、財布、布、食料雑貨品のための強力なオーガナイザーフック,599円,-,Pcs,in,/necropolitan877911.html,ブラック,1,車&バイク , カーアクセサリ , 収納・ホルダー , ポケット・ケース・カバー,通用型車載用収納カーシートヘッドレストフックSENHAI バックシートのフロントシートの車のハンガー,2,bonboncek.com,荷物掛け車用収納フック,2,4pcs,PP吊り袋、財布、布、食料雑貨品のための強力なオーガナイザーフック,599円,-,Pcs,in,/necropolitan877911.html,ブラック,1,車&バイク , カーアクセサリ , 収納・ホルダー , ポケット・ケース・カバー,通用型車載用収納カーシートヘッドレストフックSENHAI 4pcs 通用型車載用収納カーシートヘッドレストフックSENHAI 2 in 1 バックシートのフロントシートの車のハンガー 荷物掛け車用収納フック PP吊り袋 Pcs 食料雑貨品のための強力なオーガナイザーフック 財布 ブラック 【WEB限定】 布 - 599円 4pcs 通用型車載用収納カーシートヘッドレストフックSENHAI 2 in 1 バックシートのフロントシートの車のハンガー 荷物掛け車用収納フック 2 Pcs PP吊り袋、財布、布、食料雑貨品のための強力なオーガナイザーフック - ブラック 車&バイク カーアクセサリ 収納・ホルダー ポケット・ケース・カバー

4pcs 通用型車載用収納カーシートヘッドレストフックSENHAI 2 in 1 品質が完璧 バックシートのフロントシートの車のハンガー 荷物掛け車用収納フック PP吊り袋 Pcs 食料雑貨品のための強力なオーガナイザーフック 財布 ブラック WEB限定 布 -

4pcs 通用型車載用収納カーシートヘッドレストフックSENHAI 2 in 1 バックシートのフロントシートの車のハンガー 荷物掛け車用収納フック 2 Pcs PP吊り袋、財布、布、食料雑貨品のための強力なオーガナイザーフック - ブラック

599円

4pcs 通用型車載用収納カーシートヘッドレストフックSENHAI 2 in 1 バックシートのフロントシートの車のハンガー 荷物掛け車用収納フック 2 Pcs PP吊り袋、財布、布、食料雑貨品のための強力なオーガナイザーフック - ブラック

商品の説明

仕様: "span"
2 IN 1 ヘットレストフック + スマホホルダー"span"
互換性:4 " - 6"スマホ
最大荷重:22lb/1フック.
鋸歯状シリコーンは、このフックをしっかりと保持し、所定の位置に留めるのに役立ちます。

指示:"span"
ヘッドレストを分解する必要はありません。
フックヘッドをシートメタルロッドに差し込み、滑り止めするようにフタを回してください。
使用しないときは隠すことができます
かーマウントにあなたのスマホを固定してください。
ハンズフリータイムをお楽しみください

S型フック: "span"
材質:PPは、耐久性と強い、熱と寒い環境に強い、耐久性、亀裂や簡単に壊れないだろう。
最大荷重:40lb/1フック
取り付け:フックヘッドを金属製のロブに埋め込むだけです。

内容物:"span"
2 xシートヘッドレストフック&ホルダー(ブラック、2in1)
2 xs型フック(ブラック)

4pcs 通用型車載用収納カーシートヘッドレストフックSENHAI 2 in 1 バックシートのフロントシートの車のハンガー 荷物掛け車用収納フック 2 Pcs PP吊り袋、財布、布、食料雑貨品のための強力なオーガナイザーフック - ブラック

CLOSE

詳しく見る

閉じる

  • 「実学・語学・品格」

    創立から今も変わらない普遍の理念。本学は令和三年七月、創立百十周年を迎えました。

  • 「実学・語学・品格」

    創立から今も変わらない普遍の理念。本学は令和三年七月、創立百十周年を迎えました。

  • 「実学・語学・品格」

    創立から今も変わらない普遍の理念。本学は令和三年七月、創立百十周年を迎えました。

  • 「実学・語学・品格」

    創立から今も変わらない普遍の理念。本学は令和三年七月、創立百十周年を迎えました。

  • 「実学・語学・品格」

    創立から今も変わらない普遍の理念。本学は令和三年七月、創立百十周年を迎えました。

  • 「実学・語学・品格」

    創立から今も変わらない普遍の理念。本学は令和三年七月、創立百十周年を迎えました。

  • 「実学・語学・品格」

    創立から今も変わらない普遍の理念。本学は令和三年七月、創立百十周年を迎えました。

  • 「実学・語学・品格」

    創立から今も変わらない普遍の理念。本学は令和三年七月、創立百十周年を迎えました。

OUC MOVIE

小樽商科大学への進学をお考えの方へ

GLOCAL

世界と地域をつなぐ、
ビジネスパーソンへ

語学だけを学ぶ時代は終わりました。
ビジネスにおける語学は、異なる世界の人たちの背景を知り、文化を理解し、信頼を築くツール。小樽商大では、ビジネスの現場で自らの主張を伝え、相互に理解し合うそんな生きた言語としての外国語教育に長年取り組んできています。

MARKETING RESEARCH

十五人の関連専門家がいる、
日本トップクラスの
マーケティング研究機関。

小樽商科大学は、国立大学では唯一の社会科学系の単科大学であり、小規模でありながらマーケティング関連専門分野の教授陣を多くそろえ、グローバルな視点でローカルを考える、実践的な教育プログラムを提供します。

FACULTY OF COMMERCE

国内唯一の
社会科学系の単科大学。
それは、徹底的にビジネスの
学びに特化するため。

小樽商科大学商学部の特徴は、100年以上に渡り、商学=ビジネスに特化してきた実学教育にあります。
幅広い知識と深い専門知識を兼ね備え、それらの知識を用いて社会の様々な課題に取り組み、解決策を考える意欲や能力を持つ学生を育成しています。

専門性の高い4つの学科

Department of Economics

自ら思考し
分析する力を身に付ける

Department of Commerce

最先端の科学領域

Department of Law

実学志向で法を学ぶ

Department of Information and Management Science

進化する
情報社会で活躍

FOREIGN LANGUAGE

世界のマーケットで
戦うために、
用意したのは七言語。

小樽商科大学は、早い時期から、英語のみならず、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、ロシア語を教育し、「北の外国語学校」として全国に知られてきました。現在では韓国語も加えて、7言語を学ぶことができます。英語関連科目の充実度は、他大学の英文科にも引けを取りません。それは、あなたの未来のビジネスを世界に広げるためです。

ACTIVE LEARNING

ほぼ毎回、授業の中で、
プレゼンやディスカッションを
することも。

教員が一方的に授業を行う従来の「受身的な学習」だけでなく、課題研究やプレゼンテーション、ディスカッションなど、学生が主体的に授業に参加する「能動的な学習〜アクティブラーニング〜」に力を入れています。

FIELD WORK

商いのヒントを学ぶために、
街中へ繰り出すのも
日常茶飯事。

商大生が小樽の活性化について本気で考えるプロジェクト【通称:本気プロ(マジプロ)】もその科目の一つです。この授業は、小樽商科大学で学んだ知識・理論や分析手法を活用して、地域の活性化をねらいとした課題について、地域の企業等と一緒に取り組んでもらいます。座学だけでビジネスパーソンは育ちません。

RECURRENT EDUCATION

いつからでも、なりたい自分へ。
社会人の学び直し

学びたい思いがあれば、いつからでも始められる。夜間主コース、MBA取得など多種多様なカリキュラム・体制ですべての人の「学びたい」をバックアップ。

「リアル」な実学

実践教育という伝統。
机上の学びを超えた、リアルなビジネスを学ぶからこそ、卒業後の活躍に違いが出ます。
就職に強いだけなく、就職したあとに強い人材の育成こそ商大の強みです。

就職内定率98.2%

本学の就職内定率は17年連続で95%を超えており、
安定的な高さとなっています。

小樽商科大学発の
学生ベンチャー企業

アイデアを、アイデアで終わらせない。

商大生が実際にカタチにしたモノ・サービス・プロジェクト

小樽のあんかけ焼きそばに真剣に取り組み、本として出版しています。

学生企業がグッドデザイン賞を受賞したデジタルサイネージ

昭和50年代の小樽の写真を撮影していた兵庫氏の写真を使ったプロジェクト

次にくるバス時刻をすぐに知りたくて、自分たちで作りました。

HISTORY

品格・礼節をもってこそ、
知識が本物となる。
その教えが、
明治の創立以来の伝統です。

資料
請求